読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アンチアイドル人間がジャニ沼にはまったら

時を重ねるごとに一つずつあなたを知っていて さらに時を重ねて

制作開放席

ジャニーズのライブには

「制作開放席」というコンサート直前に抽選が行われるチケットがあります。

 

普段アーティストのライブにいく私としては初めての仕組み。

 

昨年のキスマイI SCREAMコンにて私にはその案内が届きました。

 

一緒に同会場のコンサートが外れていた先輩には

その案内が届いておらず、どうやらその案内も抽選。

更にチケットが当たるかどうかも抽選。

 

二重の抽選なのです。

 

 

ドキドキしながら、申込、、、

 

案内メールが届いたのも大阪初日7月1日の5日前の6月26日。

 

申込開始はその翌日の6月27日でした。

 

当選の案内もコンサート前日の6月30日の夕方以降。

 

こんなタイトで行くってなかなか!と思いつつも申し込んでしまうのがヲタの性ですよね。

 

申込は2枚まで新たに枚数も決め直します。

そして今回は同行者の名前も登録します。

 

そして当落当日16時半頃に結果は来ました。

 

 

まさかの当選!

職場で手が震えました。

お腹がすいてたからもありますが。苦笑

 

 

ショートメールでもメールを確認するようにと丁寧な案内がありました。

 

メールを開いてみると、

当日はケータイ、身分証、会員証が必要でした。

 

開場時間以降に指定の場所へチケットを引換に行く必要があります。

それまで席は当然分かりません。

 

支払いはクレジットなので即座引き落とし。

多少手数料が枚数分かかりました。

 

 

そして当日。チケットの引換に向かいます。

 

 

しっかり、会員証と身分証を提示。

 

席はステージのほぼ真横でした。

たまにアリーナが来ることもあるそうですが、私の場合は完全に見切れ席でした。

 

それでも距離としては近め。

スクリーンこそ見れなかったり、ステージ奥に行かれると全然見えなかったり(YES I SCREAMのフライング中は全く見えず)したものの、入れただけでもしあわせでした。

 

という訳で、初めて当たった制作開放席。

ちなみにナゴヤドームも当たってたのですが案内が来ました。

 

全滅の人に、というわけでもないみたいですね。

 

 

貴重な経験をさせていただきました。

運を使い果たした気さえします。

 

ぜひ案内が来た方、時間がある限りは最後まで諦めないように!

 

私もこの経験後今まで以上に諦めが悪くなりました。笑