読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アンチアイドル人間がジャニ沼にはまったら

時を重ねるごとに一つずつあなたを知っていて さらに時を重ねて

千賀担となったきっかけ

少し、千賀担になったきっかけを話してみたいと思います。


千賀担になった時期をはっきり言うと、初めてキスマイのコンサートに行った日です。
恥ずかしながらまだやっと一年になったところです。

私が入ったのはツアー初日の京セラドーム公演。
その時は玉担だったので玉ちゃんのうちわを握りしめて、イエロー*1のカーデを羽織って参戦しました。
4年ほどずっと玉ちゃん見てきていたので念願の本物に会える!*2というわけでドキドキしていました。
当時の席はスタンド下段のアルファベット列。
外周を通ればはっきりとメンバーの顔が見える距離だったのです。

そしてその瞬間は訪れる。
「君にあえるから」のラストサビ前。

私の目の前に現れて、優雅に踊る千賀君。
しかも自分のパートでもない部分もしっかり歌詞を覚えて口ずさみながら踊っているのです。

そして、自分のうちわを持っているファンをしっかり一人、一人、見る姿。

ファンのことを大事にしているのが伝わってきて、ドキドキしました。

本当に美しくて、かっこよくて。

私が知っている千賀君はちょっと短気で*3、キスマイBUSAIKUで垣間見える視線凶器*4でゴリラ顔の子のはず。

全然違う(正直短気以外は間違いではない気もしますが)。
私は一体どんな勘違いをしていたんだろう。


あの瞬間は一年経った今でも鮮明に思い出せるし、何回でも話したくなる。


コンサートが進むにつれ、やってくるDouble Up。
本当は玉ちゃんの次にはにかちゃんが好きだったのに、気付いたらペンライトの色はブルー*5になっていた。

そして、サクラヒラリのソロ部分。
歌声を認識したのはこの時が実は初めてで、こんなにうまいんだ、と驚きました。


正直なところ、アイドルのほとんどは歌がうまくない、という偏見を持っていたのでこの千賀君の歌声には感動すらしていた。


帰り道にはもう、「千賀君がかっこよかった」という感想を口にしていて、我ながらこんなに簡単に人に堕ちるのかと驚きしかなかった。


この日以降録りだめしていたキスブサを一気に見直し、コンサートDVDを観漁る日々。

見れば見るほど、普段は可愛いくせにライブになればゴリッゴリにかっこよく踊る姿。
気付けばもうこのギャップを見せてくる彼から目が離せなくなっていた。


これ以降、茶の間ファン程度だったにも関わらず一年経たないうちに形態違い全部とはいかないものの、アルバム、コンサートDVDを買いそろえるまでになりました。



あっという間に転がり込んだ千賀沼、いと怖し。

*1:玉森君のメンバーカラーはイエロー

*2:本当の初めての玉森君は浅草観光に行ったときに偶然にも遭遇したもしツアロケ

*3:深夜番組濱キスのせんべい1000枚を食べきる企画で北山君と喧嘩をしていた姿が印象的でした

*4:キスマイBUSAIKU!?カッコいい看病でのキスの仕方でついたコメント

*5:千賀君のメンバーカラーはブルー